2013年10月20日

ルールか裁量か

どうもやはり過剰最適化をしたリミットスコープが結構機能する気がしますねー。というか仕掛け条件を少しキツくしたくらいで過剰最適化と呼べるのかわかりませんが汗

今日はメンバーのベースと二人でスタジオに入りまして基本的にあんまり聞かなかったらそこまで言われたりしないのですが、気になる所とか聞いてみたらやっぱりドラムはリズム体な為か結構細かい感じで言われますね(´・ω・`)

『曲の動画撮ってYouTubeにアップしようぜ!』

とか言われたので撮ってみましたが、ドラムの音は入ってもベースの音が余りにも入らなかったのであえなく却下でした笑
まあ個人的にはこんなことやってる暇あるなら課題曲の練習とかの時間に割きたいです。もっと言うと曲の練習というか基礎練習に時間取りたい(`・ω・´)
しかしなかなかそうもいかないというこのもどかしさ(´・ω・`)
それでも一応現在はバンドマンなわけですからそちらの方に力を入れないといけませんね(゚∇゚)


sakuが株取引を始めたのは今年の3月だったのですがいつの間にか半年過ぎましたねー。
半年以上も退場せずに済んでいるのはリスク管理ということを度々仰っておられるシバイチさんやトレシズさんのおかげだと思います。しかも実際自分で身にしみましたし汗
5月の暴落までは資金150万~200万に対して平気で50万近いポジション持ってました笑
これはそこまでの食らいが予想できなかったのとガンホーを45万辺りから数度90万辺りまで追いかけていたので結構麻痺してたんだと思います。
するとどうでしょう(←
GW開けの週から23日までで多分30万程持って行かれてましたねー。今では考えられない数字ですが汗
この辺りを教訓に6月はかなり1銘柄投入額を抑え、セリクラを経験して更に抑えたので何とか生き長らえているという感じです笑
また裁量時にはまだ信用口座を開設していなかったので現物買いのみで取引をしておりました。
売りがあったら絶対そっちもやってたと思いますので、多分買いしかできなかったということもプラスの要素だったんでしょうねー。

今日の内容は運用戦略の手仕舞いについてですが、ルール通りの方がいいのか、裁量でいいところで手仕舞いした方がいいのか難しい所だと思います。
これは個人的な考えですが、いい所があるならそこで手仕舞いした方がいいと思います(←
何故かと言いますといい所と思った所は自分がそこで手仕舞いをしようと思った所ですので納得のいく取引となるのではないでしょうか?
要するに自分に合った手仕舞いだったということですねー。
ただこのやり方は、過去の検証が全くアテにならなくなりますので、良くも悪くも損益、DD等が必ず変わってくるだろうと思います。
裁量の方が利益を出される方もおられるでしょうし、そうでない方もおられると思います。
ですのでsakuが思ったのは場を見たりしまして、原則手仕舞いはルール通りですが自分がここで手仕舞いをしようと思った所をメモっておき、半年くらいでルール通りの手仕舞いと裁量の手仕舞いとどちらの方が成績がよかったか比べてみようと思いました。
話にならないくらい面倒くさそうだったのでやめましたが(←
この様にsakuみたいに面倒くさがりの方はルール通りの方がいいと思いますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ

ですが

『場中思った以上の損益となっていたのでそこで利確、損切りをしたくなった。』

ということは何度も経験したのですがこれもしたくなったならそこで手仕舞いしてしまうのが自分にあった取引のやり方だとは思いますねー。
後に残ったのは利益どうこうよりもルール違反をしてしまったという激烈な自己嫌悪のみでしたがゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!
またその後の値動きに対して気になるようであれば裁量で場中の手仕舞いはしない方がいいと思います。
こちらもあくまで個人的な話なのですが寄成で買った銘柄をいい所で利確したものの、

引けまで持ってたらS高になってたーしまったー!

と、この様なことが多々ありました。この場合こういう事が多かったら
『じゃあ結構持ってて様子を見よう』
となるかと思います。

しかしここで全く思い出せなくとも過去確実に存在した事があります。
『薄利で手仕舞ってしまったが引けまで持ってたら大変な含み損となっていた汗』
ということです。

個人的に欲を追いかけ過ぎそうになる為sakuは裁量での手仕舞いの後の値動きを見ることはあっても値を気にすることはやめました。
この様にもし同じような方ですと、ただ損失を増やすだけになりかねないと思うからですねー。
この際自分を納得させた手段は
『自分に合った所で手仕舞いをした。この値の先は自分には関係がない。』
と思う事でした笑
これで遥かに楽になりましたねー。

またルール通りにしようと思いますがなかなかルール通りにはできなかったりするんですよねφ(.. )
sakuも実践しておりますがそういった方は場中の値動きは意地でも見ないということをおすすめします笑

そんなこと誰でも知ってるぜ!!(゚Д゚)ゴルァ!!

皆さん見ないという究極の手法は知っておられましたか汗
sakuはまだまだ初心者なので見るとストレスが溜まるのは承知してますが先達の様に全く気にならずに見ないということはなかなか難しいわけですねー。

ですのでsakuと同じ様に気になっても何とか見ないという方がおられましたら、見ない為に

『自分に合ったルールを運用できる為の手段として、自分に合った場を見ないという方法を取ろう』

と、発想を変えたら見なくてもあまり気にならないのではないでしょうか笑


paisteline at 01:02コメント(0)

2013年10月17日

回避でしたねー

アメリカが問題を回避した様で昨日のダウはかなり上がってましたねー。
というわけで今日は
ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】の売りは取り消しました(←

またもトレジスタで新しい戦略がリリースされたみたいです。
以前紹介したラヴェナスを作成したtrademanさんよりバウンドセンティネルだそうです。
1銘柄当たりの投入額を28万円以下に抑えて運用リスクを0.9にまで抑えたとのことです。
これはなかなかの低DDである戦略ですね笑
スイングしてるのにこれくらいの低DDというのはなかなかすごいと思います( ̄∠  ̄ )ノ
何か余りにも偏見がある為か低DDはおすすめという紹介しかしてない気がしますね汗
しかしながら相変わらず導入予定筆頭は

ヒノカグ【ブースター】

であります笑

トレードの方は絵に書いた餅での今日の仕掛けの約定はなしでした。
2銘柄手仕舞いしまして、昨日大きな含み損だったVコマースが大幅GUでかなり損失を縮めました。
Vコマース売っても買っても負けてますが笑
また昨日S高だったフルスピードが何故かGUという事態になり利確できましたー。
相変わらず資産グラフはジグザグに右肩下がりを描いておりますがv( ̄∇ ̄)v
これにより現在のポジションは25万円程とかなり軽くなった感じなので楽です笑
今日はそこそこ寄り天でしたが昨日の終わりから見たら上がってますのでまだいい感じと思います。
明日は相当下がりそうな気がしますがそれは仕方ないですねー。
ダウがかなり下げるなら今日久々にマイルールである1秒ルール(←)にて手仕舞いしたヒノカグ【上方ブレイク】が有利になりそうですねー笑

というか結構色々予想屋が予想してるんですが、結局ドルが100円超えないと15000円には挑戦しないと思うんですよねー。
7月高値はドルが100円超えても直前で戻されてますし、9月も100円超えるとこもありしかもオリンピックもあったのにあんな感じですし(´・ω・`)
今はブレイクアウト系が少し機能しているとのことですので上昇相場の初動とも取れるんですが、個人的には全くそんな感じがしないという(←
年内17000円という予想をしている方もおられますが、予想屋sakuの予想では何か材料でもなければ15000円は超えない様な気がしますねー(当たりませんが
直近安値の13700円はかなり堅かったので、13500円も割りにくい様な気もします。
というわけで年内は15000円と13500円辺りのなかなか狭い中でのボックスになりそうですね(当たりませんよ

かなり難しい相場になりそうな気がしますが引き続きメインとして餅を運用し、負けのカバーは上方ブレイクに頼るしかなさそうですね汗


paisteline at 22:59コメント(0)

2013年10月16日

絵に書いた餅とヒノカグ【上方ブレイク】

トレジスタで新しい戦略がリリースされたみたいですねー。
バーストラボといいまして株システムトレードラボさんが開発されたそうです。

以上です(←

特徴としては保有日数が3~4日程度と少し長めで、少し変わった条件を使い損切を徹底しているため、効率よく利幅を取れるように工夫しています。

との説明がありますが、こういった面白そうな条件は見てみたい気もしますね笑


今日の絵に書いた餅は15万の建値の銘柄が結構やられてたのと、もう一つそこそこやられてたのがありましたので
『なかなかの食らいを期待できるぜΣ(・ω・ノ)ノ』
と思ってたら、1つS高がありまして、それでチャラにしておりました…。
まあチャラというだけでプラスにはなっていませんがマイナスにならないからいいかなと笑
明日手仕舞うこの銘柄は要注意ですよー(゚∇゚ ;)エッ!?

そういえば先週末の例の仕掛けの件ですが、結局殆ど恐れていた時点から値動きはありませんでした笑
やはり間違えたのは自分の方で我らが
絵に書いた餅は間違えていないと嬉しくなりますね('▽'*)ニパッ♪

今日いきなり思ったのですが、この虎の子の戦略である絵に書いた餅最強戦略ヒノカグ【上方ブレイク】
ではどちらが優秀なのかと。
絵に書いた餅スイングキュルをベースに相当カスタマイズを重ねた結果なのですが一応6月中旬から150万円運用しており一時期130万円に下落した後、現在DD中ではありますが155万円程度です。
130万となったのが7月の頭でして、ヒノカグ【上方ブレイク】の運用を始めたのも大体その辺りだったわけですねー。
途中裁量トレードとかしたり、ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】の運用等をしているのでざっくりではありますが上方ブレイクの成績は+20万程だと思います。
対して絵に書いた餅は5万しかプラスになっていないのでどう見ても上方ブレイクの方が強い感じですねー汗
しかし一番利益の出た幅で見ると絵に書いた餅は7月頭の130万から9月下旬に一度165万を付けているのでそちらの方が利益は出しています。

ただやはり、結局通算での利益がものをいいますので結構ショックですが絵に書いた餅は負けているんですね。
複数組み合わせた戦略が、たった一つの戦略に(←
しかもDDでも上方ブレイクの方が優秀ですノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
なら上方ブレイク一本にしたらいい話なのかもしれませんが、絵に書いた餅は一応メイン戦略な為外したくないんですねー。
それに今でこそ上方ブレイクの運用をしておりますが、多分絵に書いた餅で6月セリクラ時にそこまで食らっていないと運用していなかったかもしれません。
これは何故かと言いますとあの時1日で総資金の1割程持って行かれたんです(((( ;゚д゚)))
その前からリスクは相当小さかったのですがその後更に

『可能な限り安定を追求しよう』

と思いまして、餅のリスクを更に低くしました。
で、ここまで餅のリスクを低くした時に思ったのです。

『勝てなくても負けないやり方はないか』
と。
そこで以前トレシズ師範が仰っておられた

スリッページが出てもプラスにさえなっていたらいい

というのを思い出したんですねー。
思えば大スリッページ連発ですぐに運用をやめてしまったヒノカグ【上方ブレイク】ですが、よくよく考えてみると殆ど負けてはなかったんですね。
たまに何かの間違いで滑らない時はあると思うので、そういう時以外は殆ど負けないで取れる時に取れたらいい。
と思いました。
これこそ自分の中での勝てなくても負けない戦略でしたねー。
この勝てなくても負けないということが如何に大事かということを、6月セリクラ時に絵に書いた餅は気づかせてくれました。
あれがなかったら今の上方ブレイクはないと思いますので、やはり何かしら負けから学べることはあると思います。
それがリスク管理を徹底するのが合っているのか、更にリスクを取ってでもやはりトータルプラスに持っていくのか等色々あるかとも思いますがsakuが思ったのはリスク管理もでしたが全然違う所にありそうな

スリッページはそこまで大きな問題ではない

ということでありました。
負けを負けのまま放っておかず、ピンチをチャンスにと次に繋げていけるのであればやはり結構な負けも大切と思います笑
まあそれでも初心者なので相当に辛いですが汗
大分話が逸れている感じがありますが、実は前半は掴みで(←)後半が考えていたことです(`・д・´)

そういえば先日呟いていたデイキュルシステムですが、何か面白いと言って貰えてましたね笑
というわけで絵に書いた餅とどちらが運用しやすそうか400万ファイルと少し大きめにして見てみることにしました!

ドン!


一方!デイキュルシステム(`・ω・´)
デイキュル400万



かたや!!絵に書いた餅(`・д・´)
餅400万



・・・・・・・・・・・・何か、何とも言いにくいですね笑
デイキュルの方は5月の急落から半月耐えたらいいくらいですか。
餅は、5/23の急落にメンタルがついていくかどうかが焦点ですね笑

ただ通算益は
デイキュルシステムの方が上なのでそっちの方が優秀っぽいですね笑

さて、今日絵に書いた餅側は買いばかり持ち越しています。
多分大丈夫だとは思うのですが万が一ということもありますので明日は念のためヒノカグ・ショート【下方ブレイク】で買いと同じくらいだけの建値をスイングで持ち越そうと思っております。
下方ブレイクのスイングに挑戦も初めてですねー笑

これにより明日は

ヒノカグ【上方ブレイク】
ヒノカグ・ショート【下方ブレイク】
絵に書いた餅(←

とトリプル戦略が本気運用での夢の共演となりますねー笑


paisteline at 23:25コメント(0)